高層雲(読み)こうそううん(英語表記)altostratus

  • こうそううん カウソウ‥
  • こうそううん〔カウ〕

翻訳|altostratus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

層雲に属し,縞や筋のあるベール状の。略号 As。雲の上部氷晶で,下部水滴,中間部は氷晶と過冷却水滴からなる。通常上空 2~7km以上の高さに現れ,灰色または薄墨色をしていて全天を覆うことが多く,ときには上層まで広がっていることが多い。また,半透明状の高層雲があるとき,太陽や月はぼんやりと見える。天気が崩れるときに現れる雲で,厚くかつ低くなると乱層雲となる。日本の俗称では,おぼろ雲ともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

2000m以上の上空に現れ,灰色または薄青みがかった雲で一様な層をなす。縞(しま)または繊維のような外観を示すことも多い。雲の薄い部分を通して太陽を見ると,すりガラスを通して見るようにぼんやり見える。十種雲形の一つで,国際式略記号はAs。
→関連項目中層雲

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

記号As。曇り空の原因となる雲で、雨や雪が降ることが多い。温暖前線に沿って暖気が上昇するときに対流圏中層(高度2~7キロメートル)に発生する。厚さは数百メートル、水平方向には数百キロメートルの広がりをもつ。何層にも重なっている場合が多い。水滴、氷晶、雪片が混ざっており、持続的な降水をもたらすことがある。雲が薄い場合でも太陽はぼんやりとしか見えないので、おぼろ雲、どんより雲などとよばれる。この雲には暈(かさ)(ハロー)は生じない。

[木村龍治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 中層または上層の雲。一〇種雲形の一つ。灰色・薄墨色のベール状の雲。普通は全天をおおい、薄いときは太陽や月がおぼろに見える。ふつう二~七キロメートルの中層にみられるが、上層までひろがっていることが多い。おぼろ雲。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android