コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちょうこくぐ座 ちょうこくぐざCaelum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ちょうこくぐ座
ちょうこくぐざ
Caelum

彫刻具座。 1752年 N.ラカイユによって新設された南天の星座。概略位置は赤経4時 50分,赤緯-38°。1月下旬の宵に南中する。α星は 4.5等。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ちょうこくぐ座
ちょうこくぐざ / 彫刻具座

冬の宵の南の地平線上低く見える星座。五等星以下の暗い星ばかりなのでほとんど人目につかない。18世紀のフランスの天文学者N・L・ラカイユde Lacaille(1713―62)が、エリダヌス座とはと座の間の星座のなかった部分を埋めるために設定したもの。彼の星図には、彫刻用ののみらしいもの2本がリボンで結ばれた絵柄が描かれているが、星の配列からその形を連想するのはむずかしい。[藤井 旭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ちょうこくぐ座の関連キーワード彫刻具座藤井

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android