ちょろけん(読み)チョロケン

デジタル大辞泉の解説

ちょろ‐けん

正月の門付け芸の一。江戸中期以降、京坂で福禄寿などの大きな張り子を頭にかぶり、三味線・太鼓・ささらなどに合わせて早口に祝言を唱えて回ったもの。のちには張り抜き籠(かご)に大きな舌を出した顔を描いたものをかぶり、黒塗りの笠をつけたものもあらわれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょろけん

江戸時代に、京都で始まった門付かどづけの一。数人の集団で、目鼻をつけた大形の張り子の籠かごをかぶり、黒塗りの笠をつけた者を先頭に、太鼓・びんざさらの鳴り物入りで町々を歩きまわったもの。江戸では、福禄寿に扮したものなどが行われた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょろ‐けん

〘名〙
① 江戸時代、京坂地方で家々をまわり歩いた正月の門付(かどづけ)芸人。張り子の福祿寿(ふくろくじゅ)などをかぶり、ささら・三味線・太鼓に合わせて、早口で祝言を述べ、舞を舞った。明治以後衰滅した。福祿寿の意の長老君(ちょうろうくん)からの名称という。ちょろうけん。ちょろ。《季・新年》
※俳諧・大坂檀林桜千句(1678)第一「鶯のひな引つるるたいこ持〈素敬〉 もらひ羽織や雉のちょろけん〈西鶴〉」
② (①から) 頭の大きい人。〔風俗画報‐一五六号(1898)人事門〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報