コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ささら ささら

2件 の用語解説(ささらの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ささら
ささら

民俗芸能や歌舞伎囃子で用いられる体鳴楽器。本来は,中国から伝来した散楽の楽器の一つであって,「簓」の字があてられ,さらにさかのぼれば,中国の雅楽器の「ぎょ」と同じ機能をもつものといえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ささら
ささら

簓とも書く。厨房で用いられる水洗用具。竹筒の一端を細かく裂くか,または細かく割ったタケを束ねてつくり,鍋,桶などを洗うのに使う。名は使用時の擬音から出たという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ささらの関連キーワード団扇太鼓大太鼓体鳴楽器囃子四つ竹摺り鉦歌舞伎狂言双盤砂切田中伝左衛門(6代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ささらの関連情報