コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちょんがれ チョンガレ

大辞林 第三版の解説

ちょんがれ

江戸時代の門付かどづけ芸の一。錫杖しやくじようや鈴などを鳴らして拍子をとり、半分踊りながら卑俗な文句を口早に歌うもの。また、その芸人。江戸に下ってちょぼくれとなった。のちの浪花なにわ節につながる。ちょんがれぶし。
「ちょんがれ坊主」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ちょんがれの関連キーワード京山恭安斎(初代)津軽じょんがら節阿呆陀羅経願人坊主浪花節寄席歌謡門付祭文浪曲錫杖

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちょんがれの関連情報