コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちろちろ チロチロ

デジタル大辞泉の解説

ちろ‐ちろ

[副]
炎が小さく燃えるさま。「残り火がちろちろ(と)燃える」
水が細く流れるさま。また、そのかすかな音。ちょろちょろ。「ちろちろ(と)流れる沢の水」
落ち着きなく動くさま。
「媚(なまめ)かしげに―動く美しい目を」〈秋声仮装人物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちろちろ

( 副 )
小さな炎がゆらめくさま。 「たき火が-(と)燃える」
わずかな量の水が流れるさま。ちょろちょろ。 「水を-と注ぐ」
細かく動くさま。 「 -(と)舌を出す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ちろちろの関連キーワード残り火首玉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android