コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊糸 アソブイト

4件 の用語解説(遊糸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あそぶ‐いと【遊糸】

《「遊糸(ゆうし)」の訓読みから》陽炎(かげろう)。いとゆう。
「曇りなくなぎたる空に―に琴柱(ことぢ)をたてて帰る雁(かりがね)」〈夫木・五〉

ゆう‐し〔イウ‐〕【遊糸】

糸遊(いとゆう)1」に同じ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の遊糸の言及

【クモ(蜘蛛)】より

…とにかく(1),(2)の方法でクモは,はねがなくても空を飛び,陸地から何百kmも離れた絶海の孤島にもいくことができるのである。なお,クモの糸だけが空中を飛んでいるものを遊糸gosamerと呼んでいる。
【クモと人間】

[クモの利用]
 クモが多数の虫を食べるので,応用クモ学では,害虫駆除にクモを役だたせる研究が行われ,すでに実用の段階まできている。…

※「遊糸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone