遊糸(読み)アソブイト

大辞林 第三版の解説

あそぶいと【遊糸】

〔遊糸ゆうしの訓読み〕
かげろう。いとゆう。 「 -を我より外に人や見るらむ/永久百首」

ゆうし【遊糸】

蜘蛛くもの糸が空中を飛んでいるもの。ゴッサマー。 → 雪迎え
糸遊いとゆう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の遊糸の言及

【クモ(蜘蛛)】より

…とにかく(1),(2)の方法でクモは,はねがなくても空を飛び,陸地から何百kmも離れた絶海の孤島にもいくことができるのである。なお,クモの糸だけが空中を飛んでいるものを遊糸gosamerと呼んでいる。
【クモと人間】

[クモの利用]
 クモが多数の虫を食べるので,応用クモ学では,害虫駆除にクモを役だたせる研究が行われ,すでに実用の段階まできている。…

※「遊糸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android