コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つべしい つべしい

大辞林 第三版の解説

つべしい

( 連語 )
〔「つべし」の「べし」がシク活用化して、「つべしい」となったもの。中世後期の語〕
「つべし」に同じであるが、「つ」の完了の意味は弱くなっている。…しそうである。…するにちがいない。 「我れこれを呼ばば来-・べしいぞ/四河入海 13
「つべし」に同じ。 「彼の者に似合ひ-・べしいむこがおりない/狂言・夷毘沙門」 〔「つべしい」が終止・連体法に用いられたほかに、「つべしう」の形が連用法に用いられた。「季倫は豪傑なる程に泣き-・べしうはないぞ/四河入海 8」〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

つべしいの関連キーワード四河入海しい

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android