コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つべし ツベシ

2件 の用語解説(つべしの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つ◦べし

[連語]《完了の助動詞「つ」の終止形+推量の助動詞「べし」。この場合の「つ」は強調の用法》
推量・予想の意を表す。きっと…だろう。…してしまうにちがいない。
「あやまちして、見む人のかたくななる名をも立て―◦べきものなり」〈・帚木〉
意志を表す。きっと…しよう。…してしまうつもりだ。
「いとつれづれなるをなむ、慰め―◦べくておはせ」〈落窪・一〉
可能、または可能の推量の意を表す。きっと…することができる。…できそうだ。
「中の品のけしうはあらぬ、えり出で―◦べき頃ほひなり」〈・帚木〉
当然の意を表す。きっと…するはずである。
「楊貴妃の例(ためし)も引き出で―◦べくなりゆくに」〈・桐壺〉
「親のため、妻子のためには、恥をも忘れ、盗みもし―◦べき事なり」〈徒然・一四二〉
適当の意を表す。…するのがよい。
「かやうの事こそは、かたはらいたきことのうちに入れ―◦べけれど」〈・一〇二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つべし

( 連語 )
〔完了の助動詞「つ」の終止形に推量の助動詞「べし」の付いたもの〕
動作・作用の完了・実現が確かなものとして当然予想される意を表す。…するにちがいない。きっと…てしまうであろう。たしかに…しそうである。 「ゆくりなく風吹きてこげどもこげどもしりへしぞきにしぞきて、ほとほとしくうちはめ-・べし/土左」 「楊貴妃の例ためしも引き出で-・べうなりゆくに/源氏 桐壺
ある事柄の実現が可能だという強い判断を表す。きっと…できるであろう。たしかに…できそうだ。 「水底の玉さへさやに見-・べくも照る月夜かも夜のふけ行けば/万葉集 1082」 「中の品のけしうはあらぬ、えり出で-・べき頃ほひなり/源氏 帚木

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つべしの関連キーワードてきてけりてんず垂んとすにけりにたりぬがにぬばかりぬらしぬらむ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

つべしの関連情報