つべし(読み)ツベシ

デジタル大辞泉の解説

つ◦べし

[連語]《完了の助動詞「つ」の終止形+推量の助動詞「べし」。この場合の「つ」は強調の用法》
推量・予想の意を表す。きっと…だろう。…してしまうにちがいない。
「あやまちして、見む人のかたくななる名をも立て―◦べきものなり」〈帚木
意志を表す。きっと…しよう。…してしまうつもりだ。
「いとつれづれなるをなむ、慰め―◦べくておはせ」〈落窪・一〉
可能、または可能の推量の意を表す。きっと…することができる。…できそうだ。
「中の品のけしうはあらぬ、えり出で―◦べき頃ほひなり」〈・帚木〉
当然の意を表す。きっと…するはずである。
「楊貴妃の例(ためし)も引き出で―◦べくなりゆくに」〈・桐壺〉
「親のため、妻子のためには、恥をも忘れ、盗みもし―◦べき事なり」〈徒然・一四二〉
適当の意を表す。…するのがよい。
「かやうの事こそは、かたはらいたきことのうちに入れ―◦べけれど」〈・一〇二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つべし

( 連語 )
〔完了の助動詞「つ」の終止形に推量の助動詞「べし」の付いたもの〕
動作・作用の完了・実現が確かなものとして当然予想される意を表す。…するにちがいない。きっと…てしまうであろう。たしかに…しそうである。 「ゆくりなく風吹きてこげどもこげどもしりへしぞきにしぞきて、ほとほとしくうちはめ-・べし/土左」 「楊貴妃の例ためしも引き出で-・べうなりゆくに/源氏 桐壺
ある事柄の実現が可能だという強い判断を表す。きっと…できるであろう。たしかに…できそうだ。 「水底の玉さへさやに見-・べくも照る月夜かも夜のふけ行けば/万葉集 1082」 「中の品のけしうはあらぬ、えり出で-・べき頃ほひなり/源氏 帚木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android