コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つみきのいえ

2件 の用語解説(つみきのいえの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

つみきのいえ

2008年公開の日本のアニメーション映画。監督・アニメーション加藤久仁生、脚本:平田研也。水没していく町に暮らす老人の姿を通して、人生の意味を描く。第81回アカデミー賞において、日本映画として初めて短編アニメーション賞を受賞し、話題となる。このほか、第12回文化庁メディア芸術祭大賞、アヌシー国際アニメーション映画祭アヌシー・クリスタル賞などを受賞。絵本化作品もある。

つみきのいえ

加藤久仁生、平田研也による絵本作品。2008年刊行。同年の米国アカデミー賞において短編アニメ賞を受賞した同名アニメ作品を絵本化したもの。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つみきのいえの関連キーワード加藤加藤久仁生五味太郎たむらしげる銀色絵本くまのがっこう忍 -SHINOBI-安曇野ちひろ美術館加藤久七加藤久米八

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

つみきのいえの関連情報