コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

2件 の用語解説(づの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

づ[五十音]

」の濁音。現代共通語では「ず」と発音上の区別はなく、歯茎の有声破擦子音[dz]と母音[u]とからなる音節。[dzu]
[補説]現代仮名遣いでは、この音節の仮名として、一般には「ず」が用いられるが、二語の連合による連濁(「みかづき(三日月)」「たづな(手綱)」など)と同音の連呼(「つづみ(鼓)」「つづる(綴る)」など)の場合には「づ」も用いられる。「づ」は古くは[du]の音であったが、室町時代末には[dzu]と発音されていた。それでも、なお「ず」(発音[zu])とは区別されていたが、江戸時代に入り、両者の発音上の区別はなくなった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

「つ」の濁音の仮名。現代共通語では「ず」と発音上の区別はなく、歯茎破擦音(または歯茎摩擦音)の有声子音と後舌の狭母音とから成る音節。現代仮名遣いでは、この音節の仮名として、一般には「ず」が用いられるが、二語の連合による連濁(「みかづき(三日月)」「ひなづる(雛鶴)」など)と一語中の同音の連呼(「つづみ(鼓)」「つづく(続く)」など)の場合には「づ」を用いる。 〔「づ」は、清音「つ」に対する濁音として、中世末期までは「ず」とは別々の音を表していたが、江戸時代に入り、両者の発音上の区別は失われた。もっとも、方言には、現在でも「ず」「づ」を区別する地方がある〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

づの関連情報