コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真船豊 まふねゆたか

7件 の用語解説(真船豊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真船豊
まふねゆたか

[生]1902.2.16. 福島
[没]1977.8.3. 東京
劇作家。早稲田大学英文科中退。ストリンドベリの影響を受けて,1927年『早稲田文学』に『寒鴨』『村はづれ』を発表。放浪ののち 31年プロット戯曲研究会に参加,また三好十郎らと文芸研究の集りももった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まふね‐ゆたか【真船豊】

[1902~1977]劇作家。福島の生まれ。戯曲「鼬(いたち)」で注目され、久保田万太郎に師事。第二次大戦後は笑劇(ファルス)やラジオドラマに力を注いだ。他に「裸の町」「中橋公館」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

真船豊【まふねゆたか】

劇作家。福島県生れ。早大英文科中退。戯曲《鼬(いたち)》が創作座で上演され注目を集めた。ほかに《遁走譜》《中橋公館》などがあり,《裸の町》《太陽の子》は映画化されて好評を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真船豊 まふね-ゆたか

1902-1977 昭和時代の劇作家,小説家。
明治35年2月16日生まれ。昭和9年「劇文学」に発表した「鼬(いたち)」が創作座第1回公演で上演され注目される。戦後は喜劇からファルス(笑劇)へ傾斜し,「中橋公館」「猿蟹(さるかに)合戦」などを発表。ほかに放送劇「なだれ」,小説「忍冬(すいかずら)」など。昭和52年8月3日死去。75歳。福島県出身。早大中退。
【格言など】自由なんてものはお前,そもそも人から貰うものではないぞ(「見知らぬ人」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

まふねゆたか【真船豊】

1902‐77(明治35‐昭和52)
劇作家,小説家。福島県生れ。早稲田大学英文科在学中に《寒鴨》《水泥棒》などで認められたが,社会問題に煩悶し,四国の農民運動に入る。1930年上京,翌年《島の嵐》が前進座により上演された。プロット戯曲研究会に参加,橋本敏彦,三好十郎らと十日会を結成して貧窮のうちに劇作に精進する。34年6月《劇文学》掲載の《(いたち)》が創作座によって上演され絶賛を博した。翌年の《鼠落し》《鉈(なた)》以下,厳しい人間観察と力強い文体で人間内部の暗さの追求から〈人間風刺〉まで,《太陽の子》《裸の町》(以上1936)など世評高い力作が新劇,新派に上演されて人気作家となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まふねゆたか【真船豊】

1902~1977) 劇作家。福島県生まれ。独特のリズムで人間風刺劇を描く。ラジオ-ドラマでも活躍した。作「鼬いたち」「遁走譜」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真船豊
まふねゆたか
(1902―1977)

劇作家。明治35年2月16日福島県に生まれる。早稲田(わせだ)大学英文科在学中アイルランド文学に親しみ、『水泥棒』(1926)、『寒鴨(かんがも)』(1927)などの一幕物を書いて注目されたが、社会主義思想に目覚めて中退、一時農民運動に身を投じた。やがて劇作を再開し、1934年(昭和9)『劇文学』に発表した『鼬(いたち)』が久保田万太郎演出により上演されて一躍脚光を浴び、36年に『太陽の子』『裸の町』『見知らぬ人』(前二作は同年映画化もされた)、37年に『遁走譜(とんそうふ)』などを立て続けに発表して花形劇作家となった。この時期には放送劇の分野にも意欲を示し、『なだれ』(1935)、『激流』(1939)など、ラジオドラマ史上を飾る傑作を残している。第二次世界大戦後、中国大陸から引き揚げたのちはファルス(笑劇)への傾斜を深め、『中橋公館』(1946)、『黄色い部屋』(1948)、『赤いランプ』(1954)、『善光の一生』(1963)など、諦観(ていかん)を交えた人間風刺劇へ向かった。小説や評論もある。昭和52年8月3日没。[大島 勉]
『『真船豊選集』全五巻(1948~50・小山書店) ▽『真船豊ラジオ・ドラマ集』(1951・宝文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の真船豊の言及

【鼬】より

真船豊の戯曲。1934年(昭和9)6月《劇文学》創刊号に発表。…

※「真船豊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

真船豊の関連キーワード秋田雨雀早稲田稲門会早稲女早稲田通り早稲田カード福島県白河市早稲田東京都新宿区西早稲田早稲田大学軍事研究団事件《早稲田大学新聞》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

真船豊の関連情報