コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てんに テンニ

デジタル大辞泉の解説

てん‐に

[副]まったく。てんで。てんと。
「―あきれていたりし所に」〈虎明狂・文蔵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんに

( 副 )
まるで。まったく。 「 -あきれて居たりし所に/狂言・文蔵」 「 -およぎも知らねえで/滑稽本・八笑人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

てんにの関連キーワード神奈川県三浦市初声町和田半纏・袢纏・半纒・袢纒北海道上川郡東川町倶不戴天・俱不戴天岐阜県瑞浪市釜戸町林門入(7世)大雪山国立公園東川[町]官子内親王覚法法親王隆源(1)行海(2)侚子内親王一生補処百合の木藤原敦隆文献通考雨宮越哉周防内侍石狩山地

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

てんにの関連情報