親任(読み)しんにん

精選版 日本国語大辞典「親任」の解説

しん‐にん【親任】

〘名〙
① 目下の者を親しく用いて事をまかせること。
※ブラリひょうたん(1950)〈高田保〉穿鑿心持「親分のきらうものを処理する子分というものはいつも親されるものである」 〔後漢書‐朱穆伝〕
旧制で、天皇が親署によってある官職を任命すること。
※枢密院官制及事務規程(明治二一年)(1888)官制・三条「枢密院の議長副議長顧問官は親任、書記官長は勅任」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「親任」の解説

しん‐にん【親任】

[名](スル)旧制で、天皇が直接に任命すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例