親任(読み)しんにん

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐にん【親任】

〘名〙
① 目下の者を親しく用いて事をまかせること。
※ブラリひょうたん(1950)〈高田保〉穿鑿心持「親分のきらうものを処理する子分というものはいつも親任されるものである」 〔後漢書‐朱穆伝〕
② 旧制で、天皇が親署によってある官職を任命すること。
※枢密院官制及事務規程(明治二一年)(1888)官制・三条「枢密院の議長副議長顧問官は親任、書記官長は勅任」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android