コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

て候 テソウ

デジタル大辞泉の解説

て◦そう〔てさう〕【て候】

[連語]《「てそうろう」の音変化。中世語》
…ております。
「あの花は去年より開き―◦さうものをと云ふぞ」〈中華若木詩抄・上〉
…ました。→候(そう)
「咸陽をも焼きはらう―◦さう」〈史記抄・項羽本紀〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てそう【て候】

( 連語 )
〔「てさうらふ」の転。中世語〕
「…た」の意の丁寧語。…ました。 「その次信とやらんの最後所をこそ、この法師が見-しか/幸若・屋島軍」 「咸陽をも焼き払う-/史記抄 5
「…てある」「…ている」の意の丁寧語。…てあります。…ています。…ております。 「此等をだに召され-は、重耳を入れう事はやすからう/史記抄 3」 「あの花は去年より開き-者をと云ぞ/中華若木詩抄」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

て候の関連キーワード浮かれ出る・浮れ出る中華若木詩抄安尾信乃助えいやっとごさめれ殊なり気有らぬ様輔・面框生死無常何として責め伏す好ましい気色ばむあやかし立ち端摂する野の宮物の数丁寧語念無し

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

て候の関連情報