コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 コウ

12件 の用語解説(候の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こう【候】

《古く、中国で、1年360日を72等分した各5日間の称から》季候。時候。「残暑の」「秋冷の

こう【候】[漢字項目]

[音]コウ(漢) [訓]そうろう さぶらう
学習漢字]4年
〈コウ〉
ようすをうかがう。「伺候斥候
待つ。「候補
物事の表面に現れるようす。きざし。「症候兆候徴候
気象の状況。「気候測候天候
時節。季節。「候鳥時候
〈そうろう〉「候文居候
[名のり]そろ・とき・みよ・よし

さう【候】

[動特活]そう(候)

そう〔さう〕【候】

[動特活]《動詞「そうろ(候)う」の音変化。中世語》
あり」の丁寧語。あります。ございます。
「舜の時はさはさうなんだ」〈史記抄・一一〉
補助動詞として丁寧の意を添えるのに用いられる。…ます。…あります。
「腹帯(はるび)ののびてみえさうぞ」〈平家・九〉
「さてこそ第一は理、第二は智ではさうへ」〈西福寺本人天眼目抄・上〉
[補説](1) 活用形は、未然形・連用形・終止形・連体形が「さう」、已然形・命令形が「さうへ」。なお、命令形相当のものに「そひ」「そへ」もある。(2) 歴史的仮名遣いは「さふ」とも。

そろ【候】

[動特活]《「そうろう」の音変化》「ある」の丁寧語。多く補助動詞として用いる。
「いかでか惜しからでそろべき」〈曽我・一〉
[補説]活用形は、未然形「そろは」「そろ」、連用・終止・連体形「そろ」、已然・命令形「そろへ」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こう【候】

時候。季候。 「盛夏の-」

そい【候】

〔動詞「そう(候)」の命令形「そうえ(さうへ)」の転〕
「お…そひ」の形で、「お…なさい」の意を表す。 「いかに閻魔王、まつとお聞き-。語つてきかせう/狂言・朝比奈」 → そう(候)

そう【候】

( 動特活 )
〔動詞「そうろう(候)」の転。中世以降の語〕
多く補助動詞として用いられ、話し手の表現に丁寧の意を添える。です。ます。 「腹帯ののびてみえさうぞ。しめ給へ/平家 9」 「余の方へをたづねさうへ/幸若・屋島軍」 〔活用は「さう・さう・さう・さう・さうへ・さうへ」。命令形「さうへ」に相当するものに「そひ」「そへ」の形もある〕 → そいそえ

ぞう【候】

〔「に候そう」の変化した語〕
…です。…でございます。 「大黒とはあの馬の事-よ/幸若・屋島軍」

ぞうろ【候】

( 連語 )

そえ【候】

〔動詞「そう(候)」の命令形「そうえ(さうへ)」の転〕
「お…そへ」の形で、「お…なさい」の意を表す。 「閻魔王、もそつとおせめ-/狂言・朝比奈 虎寛本」 「所詮うたはせぬ調儀が有る。お直り-/狂言・二千石 虎寛本」 → そう(候)

そろ【候】

( 動ハ特活 )
〔「そうろう(候)」の転〕
多く補助動詞として用いられ、話し手の表現に丁寧の意を添える。です。ます。 「さしあたる父母の御わかれ、いかでかをしからでそろべき/曽我 1」 「世上がゆかしくは御成りそろはんずらん/中華若木詩抄」 〔活用は「そろは(そろ)・そろ・そろ・そろ・そろへ・そろへ」〕
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

候の関連キーワード候ずで候ご・すざあま・すさん・す然ん候じま・う候ひ候へちま・う

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

候の関連情報