コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中世語 ちゅうせいご

大辞林 第三版の解説

ちゅうせいご【中世語】

国語史の上での中世、すなわち鎌倉・室町時代の言語をいう。院政時代の言語をこれに含めることもある。貴族や僧侶のほか、武士や庶民の言葉も知られる。前期の鎌倉時代は前代の言語の影響が強いが、連体形で文を終止することが一般的になり、係り結びも次第に乱れた。南北朝時代以降の後期の室町時代には、口語と文語とがはっきり別れ、敬語法も次第に複雑化した。ジとヂ、ズとヅやオ段長音の開合も一部で混同が始まり、また連声もかなり行われた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中世語の関連キーワードコメディア・デラルテアフラ・マズダしょうらかしいせせかましい外様がましいてばてばしい湯沢 幸吉郎見たむないあたたしいせからしいアフリマン荒くもしい係り結び指輪物語鎌倉時代実らしい御座無いうそ甘い室町時代甲乙人

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android