コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

であろう デアロウ

デジタル大辞泉の解説

で‐あろ◦う〔‐あらう〕

[連語]《連語「である」+推量の助動詞「う」》だろう。「明日はよい天気―◦う」「不正がまかり通る世の中でよいの―◦うか」
[補説]話し言葉では、ふつう「だろう」を使う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

であろう

( 連語 )
〔「である」に推量の助動詞「う」が付いたもの。中世後期以降の語〕
体言および体言に準ずるものに付くほか、動詞・形容詞、および動詞型・形容詞型活用の助動詞の連体形にも付く。
話し手の推量判断を表す。…だろう。 「それはきっと彼の思い違い-・う」 「自動車で行けば、昼前には着く-・う」
(活用語の連体形に付いて)話し手自身の決意をやや重々しく表す。 「僕はここに最後まで留まる-・う」 「こんな所にはもう二度と来ない-・う」 〔 (1) 現代語では、多く論文調の口語文などに用いられ、話し言葉では、「だろう」を用いるのが普通である。 (2) 「であろう」の丁寧表現としては「でありましょう」が用いられる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

であろうの関連キーワード固定ド[fixed Do]リーチ・スルー・クレームインカム・アプローチであろうとなかろうとコンピュートピア安かろう悪かろう然もありなん何はともあれ就労可能年数以て瞑すべし呼び声が高い斯くやあらん山上の垂訓此は如何に蓼阿坊文海ウマル2世山を掛ける何ぼ何でも然もそうず唇を噛む

であろうの関連情報