コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とっくり大根

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

とっくり大根[根菜・土物類]
とっくりだいこん

中国地方、山口県地域ブランド
主に周南市で生産されている。約500gの小型大根。根部がとっくりのかたちをしているため、とっくり大根の名がついた。肉質きめこまかく、辛みをもつ。明治時代から盛んに栽培された。主に漬物に使われている。とっくり沢庵歯切れが良く、甘みがある。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

とっくり大根の関連キーワード山口県周南市中国地方

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android