とっこに取る(読み)トッコニトル

デジタル大辞泉 「とっこに取る」の意味・読み・例文・類語

とっこに・る

相手のささいな言動にいいがかりをつける。言質げんちにとる。
葉子の曽つての言葉を―・るには」〈秋声仮装人物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「とっこに取る」の意味・読み・例文・類語

とっこ に= 取(と)る[=する]

相手を困らせるためのきっかけにする。言質(げんち)にとる。言い掛かりを付ける。からむ。
※雑俳・川柳評万句合‐明和三(1766)満三「もてぬ奴つなんぞとっこに取る気なり」
※にごりえ(1895)〈樋口一葉〉七「お力の仕方が憎くらしさに思ひあまって言った事を、とっこに取って出てゆけとまでは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android