言質(読み)ゲンシツ

精選版 日本国語大辞典の解説

げん‐しち【言質】

げん‐しつ【言質】

〘名〙 (「げんち(言質)」を読み誤り慣用化した語) =げんち(言質)

げん‐ち【言質】

〘名〙 (「ち」は「質」の音の一つで、しちにおくこと、また、人じちなどの意に用いる) あとで証拠となる約束の言葉。げんしち。げんしつ。「言質を取る」
※夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部「いづれかを選んで叡慮を安んずるであらうとの言質(ゲンチ)が与へてある」
[補注]「げんしち」と読むのは本来は誤り。「げんしつ」は慣用読み。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

言質の関連情報