とばつく

精選版 日本国語大辞典「とばつく」の解説

とば‐つ・く

〘自カ四〙 (「つく」は接尾語。「とはつく」とも)
① 狼狽(ろうばい)する。騒ぎたてる。そわそわする。軽率なことをする。うろつく。
※日葡辞書(1603‐04)「Tobatçuqi, qu, ita(トバツク)、または、Tofatçuqu(トハツク)
※甲陽軍鑑(17C初)品一三「無穿鑿にて、少の喧𠵅・口論にもとばつく物なり」
② 足がよろめく。ふらつく。
※歌舞伎・傾城黄金鱐(1782)四幕「誤まって爪づき、提灯の灯消える。『ハテ、とばついて麁相な』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「とばつく」の解説

とば‐つ・く

[動カ四]そわそわする。落ち着かず、騒ぎたてる。
「少しの喧嘩口論にも―・くものなり」〈甲陽軍鑑・一三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android