コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狼狽 ロウバイ

デジタル大辞泉の解説

ろう‐ばい〔ラウ‐〕【××狽】

[名](スル)《「狼」も「狽」もオオカミの一種。「狼」は前足が長くて後ろ足が短く、「狽」はその逆。「狼」と「狽」は常にともに行き、離れると倒れるのであわてるというところから》不意の出来事などにあわててうろたえること。「株価の急落に狼狽する」「周章狼狽

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろうばい【狼狽】

( 名 ) スル
あわてふためくこと。うろたえること。 「不意の質問に-する」 「 -気味」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

狼狽の関連キーワード廊・朗・郞・労・勞・廊・弄・朗・楼・樓・浪・漏・牢・狼・籠・老・聾・臘・蝋・蠟・郎・陋・露子供隠された鬼子母神のようタリウム使用母親殺害未遂四十五年の反乱文武二道万石通大隈重信内閣スチュアート盗犯防止法真っ暗三宝井伏鱒二泡坂妻夫ルージン円転滑脱廃忘怪顛度を失う周章狼狽とちめく狼狽える富土卵慌てる

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狼狽の関連情報