と言うのは(読み)というのは

精選版 日本国語大辞典「と言うのは」の解説

と 言(い)うのは

というわけは。というは。
※歌舞伎・三人吉三廓初買(1860)三幕「いやいやこりゃあ取られねえ、と云ふのは若い時分にした悪事が段々報って来て、〈〉まだ此上に此金を取ったら、どんな憂目を見ようか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「と言うのは」の解説

と‐いうのは〔‐いふのは〕【と言うのは】

[連語]語または文などを取り上げ、それについての説明や意義などをあとに述べることを示す。そのわけは。その理由は。「彼は欠席が多い。と言うのはアルバイトで忙しいから」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android