と言うのも(読み)トイウノモ

デジタル大辞泉「と言うのも」の解説

と‐いうのも〔‐いふのも〕【と言うのも】

[連語]
他も同様であるという意を含みながら、特にそれについて述べるときに用いる。「ゴルフと言うのも、なかなかむずかしいスポーツだ」
理由をあとに述べる意を表す。「社長みずからが来たと言うのも、社運にかかわる事態だからだ」
(副詞的に用いて)そうなったわけは。「優勝した。と言うのも監督がよかったからだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「と言うのも」の解説

と 言(い)うのも

前の事柄が、あとに述べる理由や原因から必然的に生じたものであることを示す。それというのも。そういうことになったのも。というも。
※寂しければ(1924‐25)〈久保田万太郎〉恋「穴があれば入りたいやうに思ひました。━といふのも無理のない話で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android