コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

と言って トイッテ

デジタル大辞泉の解説

と‐いって【と言って】

[連語]
(「これ」「なに」「どこ」に付き、あとに打消しの語を伴って)特に…ない、という意を表す。「これと言って、楽しみはない」
(「…からといって」などの形で、あとに打消しの語を伴って)前述の事柄と矛盾する内容を述べる意を表す。…という理由があっても…でない。「貧乏だからと言って、不幸だとは限らない」
接続詞的に用いて、逆接の意を表す。とはいっても。だけれど。「この仕事は単純だ。と言ってだれにでもできる仕事ではない」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

といって【と言って】

( 連語 )
(接続詞的に用いて)だけれども。とはいうものの。 「話せば簡単だ。-誰にも実行できることではない」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

と言っての関連キーワードアルカン:協奏的二重奏曲 嬰へ短調/pf, vnLOVE LOVE LOVE莫耶を鈍と為し鉛刀を銛と為す一と言って二とない石に漱ぎ流れに枕す振り込め詐欺の手口然ればと言って目糞鼻糞を笑う愚痴話・愚癡話そうかと言ってそれにしてもカリオストロ何と言っても黒山1号墳かと言ってふんだくる言知れないパドリングイエスマン無布施経

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

と言っての関連情報