どか

精選版 日本国語大辞典「どか」の解説

どか

[1] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① =どかっと
※鷺伝右衛門本狂言・右流左止(室町末‐近世初)「乗付けぬ馬にどかと乗ったらば」
② =どかっと
※浄瑠璃・義経千本桜(1747)四「彼の弁慶めっそう者、七つ道具(のこぎり)で家尻切らんも知れ申さず、どかと盗れ申さんより」
[2] 〘接頭〙 名詞動詞の連用形から変化した名詞の上に付いて、その量が多いとか、動作が急激に、かつ、大量に行なわれるを表わす。「どか雪」「どか減り」「どか飲み」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「どか」の解説

どか

[接頭]名詞に付いて、それが並みはずれたものである意を表す。「どか」「どか減り」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android