コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なかった なかった

大辞林 第三版の解説

なかった

( 連語 )
〔形容詞「ない」の連用形「なかっ」に完了の助動詞「た」の付いたもの。中世後期以降の語〕
過去の事物・事態などについての打ち消しを表す。 「ここのところずっと大火事が-・た」 「そんな目にあったことは一度も-・た」
打ち消しのための補助的な用法。補助形容詞「ない」の過去形。 「この絵はもとはこんなにきれいでは-・た」 「心配で心配で、気が気で-・た」
〔打ち消しの助動詞「ない」の連用形「なかっ」に完了の助動詞「た」の付いたもの。近世江戸語の幕末期以降の語〕 過去の動作・作用・状態などの打ち消しを表す。 「これまでは酒も飲ま-・たし、タバコも吸わ-・た」 「この山は、私の知る限り、一度も噴火し-・た」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

なかったの関連キーワード羅網の鳥は高く飛ばざるを恨み呑鉤の魚は飢えを忍ばざるを嘆くアーニングサプライズ生きた心地もしないブーメランレイトタキライト玄武岩思いも寄らない遺憾にたえない謎のエヴァンス所有者不明土地共謀共同正犯アウトテークがしゃどくろ有る事無い事二度と再び遺志を継ぐ白紙に返る思い掛けず死に損ない今の今まで白紙に返す

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なかったの関連情報