コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

獺祭 ダッサイ

デジタル大辞泉の解説

だっ‐さい【×獺祭】

《「礼記」月令から》カワウソが自分のとった魚を並べること。人が物を供えて先祖を祭るのに似ているところからいう。獺祭魚。おそまつり。うそまつり。
《晩唐の詩人李商隠が、文章を作るのに多数の書物を座の周囲に置いて参照し、自ら「獺祭魚」と号したところから》詩文を作るとき、多くの参考書を周囲に広げておくこと。

おそ‐まつり〔をそ‐〕【×獺祭(り)】

だっさい(獺祭)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

だっさい【獺祭】

山口の日本酒。酒名は、正岡子規別号獺祭書屋主人」と蔵のある地名をかけて命名。精米歩合は全量50%以下で、造る酒は純米大吟醸酒純米吟醸酒。精米の極限ともいえる23%まで磨いた「磨き二割三分」は純米大吟醸酒の最上級ブランド。原料米は山田錦。仕込み水は蔵内の井戸水。蔵元の「旭酒造」は昭和23年(1948)創業。所在地は岩国市周東町獺越。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

獺祭(だっさい)

山口県、旭酒造株式会社の製造する日本酒。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

だっさい【獺祭】

「獺祭魚」の略。かわうその祭り。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の獺祭の言及

【カワウソ(獺)】より

…しかし,河童は本来水神の信仰の衰退によって生まれた想像上の姿であるから,これを実在の動物に比定するのは正しくない。中国ではカワウソが魚をとらえて自分の周囲に並べておき,ちょうど神に供えているように見えるとしてこれを獺祭(だつさい)と呼び,書斎で学者が周囲に参考書を積み重ねるのをこれにたとえている。日本でも同様の生態が見られるか否かは明らかでない。…

※「獺祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

獺祭の関連キーワード獺の祭り・獺の祭むさくろしい流連・留連灼灼・爍爍川獺の祭吉田冬葉佶屈聱牙盤根錯節糸瓜忌獺祭忌子規忌山口県文学忌書屋無私晩唐疎宕概言誇言満引

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

獺祭の関連情報