ならない(読み)ナラナイ

デジタル大辞泉「ならない」の解説

なら◦ない

[連語]《動詞「な()る」の未然形+打消しの助動詞「ない」》
(「てならない」の形で)その事について抑えようのない気持ちを表す。「話の続きが気になって―◦ない」「おかしくて―◦ない」
(多く「てはならない」の形で)禁止を表す。「絶対に忘れては―◦ない」「許可なしに入室しては―◦ない」
(「なければならない」「なくてはならない」「ねばならない」などの形で)
㋐責任・義務を表す。「法律には従わなければ―◦ない」「今月中に仕事を仕上げなくては―◦ない」
㋑必要不可欠の意を表す。「政治国民のためのものでなくては―◦ない」→ならぬ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android