コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なる なる

大辞林 第三版の解説

なる

( 動ラ特活 )
〔動詞「なさる」が、「なはる」「なある」を経て、「なる」となったもの。近世江戸語。主として遊里で用いられたが、一般町人も用いた〕
なはる」に同じ。 「どう-・いましたえ、斯う-・いましたよ/滑稽本・浮世風呂 2
(補助動詞) 「なはる」に同じ。 「朝比奈さん、もうおかへり-・りますかえ/洒落本・仕懸文庫」 「六さんも気道楽な生れだから、どこといふ事なく遊びに行き-・つたさうだが/洒落本・部屋三味線」 〔活用は「なら(なん)・なり(ない・なっ)・なる・なる・なれ・ない(なえ・ねえ)」〕

なる

〔断定の助動詞「なり」の連体形〕
…にある。 「内-世界」
…という名の。 「顔回がんかい-者」
…に当たる。…である。 「義兄-人物」 → なり(助動)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

なる

徳島県鳴門市にある海の駅、きたなだ海の駅の駅長を務める猫。灰色白柄のオス。2016年3月就任。「なる駅長」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

なるの関連キーワード大食腹に満つれば学問腹に入らず腹の皮が突っ張れば目の皮が弛む擂り粉木の年は後へよる手が空けば口が開く鯛の尾より鰯の頭無限大・無限小泉下の客となるスティープ化八十の三つ児ネオ鉄ボロン習い性となる徳島県鳴門市消息を絶つ年が明ける目が冴える腰が引ける懇ろになる腑が抜ける手を煩わす御寝んなる

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なるの関連情報