なる

精選版 日本国語大辞典「なる」の解説

なる

〘助動〙 (活用は、「なん・なり、ない・なる・なる・なれ・ない」。「なさる」から「なはる」「なある」を経て変化した語) 動詞連用形を受け、動作の主に対する軽い敬意を表わす。主として、遊里の者や遊客に用いられたが、一般町民も用いた。
※雑俳・軽口頓作(1709)「はらのたつ・すましたらしうお払ひない」
洒落本・品川楊枝(1799)「そういいなっては今いった事をうそだといいなるのかへ」
[補注](1)活用形「なる」は「なん」の形をとることがある。特に下に禁止の助詞「な」がくるときは、「なん」となるのが普通である。「主(ぬし)に主がほれて居なんから、了簡が違いいんさアな」〔洒・穴可至子〕。
(2)命令形「ない」は敬意が大分うすれて用いられ、「なえ」「ねえ」の形で現われることが多い。「かみさん見ねヱ、凄い男だ」〔洒・辰巳之園〕。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「なる」の解説

なる

徳島県鳴門市にある海の駅、きたなだ海の駅の駅長を務めていた猫。灰色白柄のオス。2016年3月就任。「なる駅長」とも。2018年死亡。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android