コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なる なる

2件 の用語解説(なるの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

なる

( 動ラ特活 )
〔動詞「なさる」が、「なはる」「なある」を経て、「なる」となったもの。近世江戸語。主として遊里で用いられたが、一般町人も用いた〕
なはる 」に同じ。 「どう-・いましたえ、斯う-・いましたよ/滑稽本・浮世風呂 2
(補助動詞) 「 なはる 」に同じ。 「朝比奈さん、もうおかへり-・りますかえ/洒落本・仕懸文庫」 「六さんも気道楽な生れだから、どこといふ事なく遊びに行き-・つたさうだが/洒落本・部屋三味線」 〔活用は「なら(なん)・なり(ない・なっ)・なる・なる・なれ・ない(なえ・ねえ)」〕

なる

〔断定の助動詞「なり」の連体形〕
…にある。 「内-世界」
…という名の。 「顔回がんかい-者」
…に当たる。…である。 「義兄-人物」 → なり(助動)

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

なるの関連情報