にょろり(読み)ニョロリ

精選版 日本国語大辞典の解説

にょろり

〘名〙 植物「サボテン(仙人掌)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

にょろり

〘副〙 =にょろにょろ
※虎明本狂言・鼻取相撲(室町末‐近世初)「何やらはなのさきへにょろりにょろりとおこすると思ふたれば、くるくるとめがまふたよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android