ぬえ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ぬえ
ぬえ

または鵺などと書かれる怪鳥の名称。本来はトラツグミといい、山林に生息して夜さみしい声で鳴く鳥という。『古事記』上巻の八千矛神(やちほこのかみ)の長歌に「青山には鳴きぬ」という歌句がある。『平家物語』には、近衛(このえ)天皇が夜になるとおびえられるので、源頼政(よりまさ)が勅を奉じてぬえを退治した物語が記されている。夜中に黒雲が現れ、その中に怪物が見えたので頼政はこれを射落とし、従者の井(い)の早太(はやた)が刺し殺した。怪物は、頭は猿、むくろは狸(たぬき)、尾は蛇、手足は虎(とら)の姿、鳴く声はぬえであった。これが源三位(げんさんみ)頼政のぬえ退治として今日まで伝えられている。[大藤時彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぬえの関連情報