退治(読み)たいじる

精選版 日本国語大辞典「退治」の解説

たい・じる タイヂる【退治】

〘他ザ上一(ダ上一)〙 (名詞たいじ(退治)」の動詞化)
① こらしめたり殺したりして、を与える者がいなくなるようにする。退治する。うちほろぼす。うちたいらげる。
人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)三「盗賊退治るつもりで出かけやせう」
② (比喩的に) 目の前の多くの食べ物をすっかり食べる。たいらげる。また、仕事などを一気に処理する。
油地獄(1891)〈斎藤緑雨〉二「気斗牛を貫くといふ勢ひ、其上の物を退治(タイヂ)ることも頗る神速だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「退治」の解説

たい‐じ〔‐ヂ〕【退治/対治】

[名](スル)
悪いものや害を及ぼすものをうち滅ぼすこと。「ネズミを―する」「鬼―」
仏語。煩悩ぼんのうや怠惰な心を断つこと。
[類語]征討征伐討伐

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android