コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぬばかり ヌバカリ

デジタル大辞泉の解説

ぬ‐ばかり

[連語]
《打消しの助動詞「ず」の連体形+副助詞「ばかり」》動詞の未然形に付く。…ないだけ。…ないほど。
「桜花折りて見しにも変はらぬに散ら―ぞしるしなりける」〈新古今・雑上〉
《完了の助動詞「ぬ」の終止形+副助詞「ばかり」》動詞の連用形に付く。今にも…してしまいそうに。…しただけ。
「うへの衣(きぬ)の片袂(たもと)の落ち―取りかからせ給ふに」〈大鏡・師尹〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬばかり

( 連語 )
〔打ち消しの助動詞「ず」の連体形「ぬ」に副助詞「ばかり」の付いたもの〕 …ないだけのこと。
文末に用いられる場合。 「露をなどあだなるものと思ひけむ我が身も草に置か-を/古今 哀傷
文中に用いられる場合。 「年頃おぼつかなくゆかしく思ひきこえさせし御顔つねにえ見奉ら-こそ手打たぬ心地しはべれ/源氏 常夏
〔完了の助動詞「ぬ」の終止形「ぬ」に副助詞「ばかり」の付いたもの〕
文末に用いられる場合。…してしまうだけ。…してしまうくらい。 「消えはててやみ-か年をへて君を思ひのしるしなければ/後撰 恋一
文中に用いられる場合。…してしまいそうなくらい。 「かきくらし思ひ乱れて、枕も浮き-人やりならず流しそへつつ/源氏 柏木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぬばかりの関連キーワード侍り給ぶ・侍り賜ぶ言わんばかり小式部内侍消え果てるピウス5世塵をひねるんばかり侍り給ふ情け立つ掻き連ぬ沢田川生殺し理無い助動詞好い鳥副助詞折れる腰離る荒夷阿己

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぬばかりの関連情報