ぬれ

世界大百科事典内のぬれの言及

【湿潤剤】より

…固液両相が接する場合に,その界面張力を変化させ,両者のぬれ(湿潤)の特性を大きく改善するために用いられるものを湿潤剤といい,広く工業の各分野で利用されている。湿潤剤は界面活性剤の一つであるが,とくに固液界面に対する配向性の大きいもので,系の極性に応じて適当な構造のものが選ばれる。…

【接触角】より

…液体‐固体,固体‐気体,気体‐液体の界面での表面張力をそれぞれTls,Tsg,Tlgとすれば,その間のつり合いから静止時の接触角θはcosθ=(TsgTls)/Tlgの関係を満足する。TlsTsgに比べて小さいとθは鋭角で液体は固体をぬらし(ぬれという),逆に大きいとθは鈍角で液体は固体からはじかれることになる。接触角の値は,水とガラスの場合は8~9度と小さいが,水銀とガラスでは140度程度となる。…

※「ぬれ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぬれの関連情報