コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ねじり torsion; twist

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ねじり
torsion; twist

ねじれ。まっすぐな細長い物体を,その線に直角な平面内で偶力を加えてねじること。このときの偶力をトルクまたはねじりモーメントと呼ぶ。ねじられた物体の横断面には,剪断応力が生じ,この応力をねじり応力という。断面の形が対称で一様な弾性体では,軸心部は回転しないので,応力は 0,最外表面で最大の剪断応力を示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ねじりの関連キーワードウェスト(Charles Dickinson West)新潟県十日町市角間エトベシュの実験捻り・拈り・撚りスタビライザートーションバー万能フライス盤エートベシュ突き落とし捩じ鉢巻きねじり振動捩じ上げる会津駄菓子コイルばね粗忽の使者ねじり試験コルク抜き捩くれる無尾翼機飾り切り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ねじりの関連情報