ねつ

大辞林 第三版の解説

ねつ

( 名 ・形動 )
〔形容詞「ねつい」の語幹から。中世末から近世へかけての語〕
念入りな・こと(さま)。 〔日葡〕
心の底に含むところのある・こと(さま)。いやみ。 「はあ-な事をば言やるなう/浄瑠璃・八百屋お七」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ねつ

〘名〙 (形容詞「ねつい」の語幹から)
① (形動) 物事をゆっくりと正確にすること。熱心であること。また、そのさま。
※日葡辞書(1603‐04)「Netçuna(ネツナ)〈訳〉ネツイと同じ。下(シモ)
② (形動) いやみなこと。皮肉なさま。いやがらせ。
※浄瑠璃・八百屋お七(1731頃か)上「ここへたった今幽霊が出ましたら、怖しがって泣かしゃうがの。ハアねつな事をば言やるのふ」
③ 文句。非難。抗議。
※浮世草子・当世銀持気質(1770)一「きのふのねつを持て見えたと心得、気の毒さうな顔すれば」
④ 不可能なこと。無理。
※新撰大阪詞大全(1841)「ねついふとは むりいふこと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ねつの関連情報