ねつ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形容詞「ねつい」の語幹から)
① (形動) 物事をゆっくりと正確にすること。熱心であること。また、そのさま。
※日葡辞書(1603‐04)「Netçuna(ネツナ)〈訳〉ネツイと同じ。下(シモ)
② (形動) いやみなこと。皮肉なさま。いやがらせ。
※浄瑠璃・八百屋お七(1731頃か)上「ここへたった今幽霊が出ましたら、怖しがって泣かしゃうがの。ハアねつな事をば言やるのふ」
③ 文句。非難。抗議。
※浮世草子・当世銀持気質(1770)一「きのふのねつを持て見えたと心得、気の毒さうな顔すれば」
④ 不可能なこと。無理。
※新撰大阪詞大全(1841)「ねついふとは むりいふこと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ねつの関連情報