コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はちぶんぎ座 はちぶんぎざOctans

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

はちぶんぎ座
はちぶんぎざ / 八分儀座

天の南極を含む、日本からはまったく見ることのできない南半球の星座。18世紀のフランスの天文学者ラカイユが、1763年にその遺著のなかで発表した14の新星座のなかの一つである。当時使用された天体観測機器のなかでも、とくにイギリスのハドレーが改良した八分儀を記念し「ハドレーの八分儀座」と名づけられたが、現在では単に八分儀座とのみよばれている。5等のσ(シグマ)星が天の南極に近い肉眼星である。[藤井 旭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

はちぶんぎ座の関連キーワード藤井

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android