コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はちぶんぎ座 はちぶんぎざOctans

2件 の用語解説(はちぶんぎ座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

はちぶんぎ座
はちぶんぎざ
Octans

八分儀座。 10月上旬の宵に南中する星座。概略位置は赤経 21時,赤緯-87°。日本では見られない。天の南極はこの星座の中にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

はちぶんぎ座
はちぶんぎざ / 八分儀座

天の南極を含む、日本からはまったく見ることのできない南半球の星座。18世紀のフランス天文学者ラカイユが、1763年にその遺著のなかで発表した14の新星座のなかの一つである。当時使用された天体観測機器のなかでも、とくにイギリスハドレーが改良した八分儀を記念し「ハドレーの八分儀座」と名づけられたが、現在では単に八分儀座とのみよばれている。5等のσ(シグマ)星が天の南極に近い肉眼星である。[藤井 旭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

はちぶんぎ座の関連情報