コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はちぶんぎ座 はちぶんぎざOctans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

はちぶんぎ座
はちぶんぎざ
Octans

八分儀座。 10月上旬の宵に南中する星座。概略位置は赤経 21時,赤緯-87°。日本では見られない。天の南極はこの星座の中にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

はちぶんぎ座
はちぶんぎざ / 八分儀座

天の南極を含む、日本からはまったく見ることのできない南半球の星座。18世紀のフランスの天文学者ラカイユが、1763年にその遺著のなかで発表した14の新星座のなかの一つである。当時使用された天体観測機器のなかでも、とくにイギリスのハドレーが改良した八分儀を記念し「ハドレーの八分儀座」と名づけられたが、現在では単に八分儀座とのみよばれている。5等のσ(シグマ)星が天の南極に近い肉眼星である。[藤井 旭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

はちぶんぎ座の関連キーワード藤井

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android