コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根系 コンケイ

世界大百科事典内の根系の言及

【根】より

…植物体内への水の吸収は主として根から行われるので,根の発達の程度が生態的に重要な意味をもつ。裸子植物や双子葉類では主根を中心にそれから生じる支根が根系root systemをつくるが,根系の構造はその種の生育場所と深い関係がある。腐植土が厚く堆積し,地下水が深いところでは主根が長く伸び,支根がよく発達することが多いが,岩盤の上に土壌層が薄く堆積しただけのところでは,根系は浅く広がる傾向がある。…

※「根系」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

根系の関連キーワードトールフェスク花月亭 九里丸土壌微生物根(植物)土壌生態系ならたけ病ニンジン暮坪かぶ矮性台木オオムギ下層土ひげ根赤大根心土湿田作土植物樹木

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

根系の関連情報