コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひもかわ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ひもかわ
ひもかわ

薄く平たく打った平(ひら)うどんのこと。名古屋名産のきしめんもこれに含まれる。平うどんは旧東海道、尾張(おわり)の芋川の名物で、いもかわうどんとも、ひもかわうどんともよばれていたものである。食べ方は、普通のうどんと同じである。名古屋ではきしめんを、みそ汁仕立ての煮込みうどんなどにして食べる。[河野友美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のひもかわの言及

【きしめん(棊子麵)】より

… このきしめんの語源については,キジの肉を入れたきじめん,あるいは紀州めんのなまった名だともいわれているが,俗説にすぎない。平うどんを関東では〈ひぼかわ〉(《江戸料理集》1674),または〈ひもかわ〉と呼んだ。【新島 繁】。…

※「ひもかわ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひもかわの関連情報