ぴょこぴょこ(読み)ピョコピョコ

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 小刻みにはねるように続けて動くさまを表わす語。ぴょんぴょん。ひょこひょこ。
※洒落本・辰巳之園(1770)「帰(かへ)ろ、ひょこひょこ三(み)ぴょこぴょこ」
② しきりに頭をさげるさまを表わす語。ぺこぺこ。ひょこひょこ。
※今弁慶(1891)〈江見水蔭〉八「頭をぴょこぴょこ下げながら」
③ 次々と続いて現われるさまを表わす語。
※蟹工船〈小林多喜二〉一「巣から顔だけピョコピョコ出す鳥のやうに」
[2] 〘形動〙 空腹なさま。ぺこぺこ。
※牛部屋の臭ひ(1916)〈正宗白鳥〉三「腹をぴょこぴょこに減らせて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぴょこぴょこの関連情報