コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江見水蔭 えみ すいいん

百科事典マイペディアの解説

江見水蔭【えみすいいん】

明治期の小説家。本名忠功(ただかつ)。岡山生れ。杉浦重剛の称好塾で巌谷小波(いわやさざなみ)らと知り合い,その紹介で硯友社に属したが,のち江水社を興し,田山花袋らに発表の機会を与えた。
→関連項目高瀬文淵

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江見水蔭 えみ-すいいん

1869-1934 明治-昭和時代前期の小説家。
明治2年8月12日生まれ。江見鋭馬の子。巌谷小波(いわや-さざなみ)を知り,硯友(けんゆう)社にはいる。明治25年江水社を結成。「女房殺し」「泥水清水」などが好評をえた。昭和9年11月3日死去。66歳。備前(岡山県)出身。本名は忠功(ただかつ)。著作に「自己中心明治文壇史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えみすいいん【江見水蔭】

1869~1934) 小説家。岡山県生まれ。本名、忠功ただかつ。硯友社同人。のち大衆小説を書く。小説「女房殺し」、回想記「自己中心明治文壇史」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江見水蔭
えみすいいん
(1869―1934)

小説家。本名忠功(ただかつ)。岡山市に生まれる。上京して杉浦重剛(しげたけ)の称好塾に学び、巌谷小波(いわやさざなみ)、大町桂月(けいげつ)を知る。1888年(明治21)硯友社(けんゆうしゃ)同人。92年江水社をおこし『小桜縅(こざくらおどし)』を創刊、田山花袋(かたい)、太田玉茗(ぎょくめい)を世に送った。その後、『中央新聞』『読売新聞』『太平洋』『二六(にろく)新報』などに拠(よ)り、ジャーナリスティックな活動をするかたわら創作も続けた。代表作には『女房殺し』(1895)、『新潮来曲(いたこのきょく)』(1897)等を所収する『水蔭叢書(そうしょ)』(1910・博文館)のほか、貴重な文壇資料『自己中心明治文壇史』(1926~27)がある。[小野寺凡]
『『明治文学全集22 硯友社文学集』(1969・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の江見水蔭の言及

【文士劇】より

…素劇(そげき)ともいう。1890年(明治23)東京小石川の佐藤黄鶴邸で,尾崎紅葉,江見水蔭(えみすいいん)(1870‐1934),巌谷小波(いわやさざなみ)らが,水蔭作の史劇を上演した硯友社(けんゆうしや)劇が最初。1905年には歌舞伎座で,杉贋阿弥(がんあみ),岡鬼太郎,岡本綺堂,小出緑水,岡村柿紅,伊坂梅雪,栗島狭衣(さごろも)らが〈若葉会〉を組織して上演し,世評を招いた。…

※「江見水蔭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

江見水蔭の関連キーワード大沢 天仙新田 静湾竹柴 秀葉山口 寒水武田 鶯塘我楽多文庫恋を断つ斧竹貫 佳水磯 萍水田岡嶺雲余山貝塚深刻小説山口寒水国技館都の花文士劇抉る炭焼正劇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android