コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こむらがえり こむらがえり cramp

翻訳|cramp

2件 の用語解説(こむらがえりの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

こむらがえり
こむらがえり
cramp

こぶらがえりともいう。腓腹筋けいれんのことで,ふくらはぎの部位に起る激痛を伴った局所性けいれんである。水泳や登山などの際によく起る。大部分は過労が原因で,冷水,冷気など寒冷ストレスで誘発される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

こむらがえり
こむらがえり

「こむら」とは、すねの内側の膨れた部、すなわちふくらはぎのことで、こむらがえりは、就寝中あるいは運動時におこる足の腓腹(ひふく)(腓腸)筋の疼痛(とうつう)を伴うけいれんのこと。筋肉の過労、下腿(かたい)静脈の循環障害などの際におこりやすい。就寝中におこるものは、歩行中や運動中におこるものとは異なり、血行とは無関係で、筋肉の受動的な収縮によっておこるとされている。眠っている間に、シーツなどに足首がひっかかって伸び、足先が下を向くため、ふくらはぎと足の裏の筋肉が収縮させられるためにおこると説明されており、伸筋運動などの体操で予防できるといわれる。[渡辺 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こむらがえりの関連キーワード腓腹筋腓返り俵返り腓腹筋痙攣熱性痙攣危険の契約塵よりよみがえりエリトロゲン酸テトロース外傷急性期けいれん

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

こむらがえりの関連情報