コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腓腹筋 ひふくきんgastrocnemius

翻訳|gastrocnemius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腓腹筋
ひふくきん
gastrocnemius

下腿の後側にある強大な屈筋内側頭は大腿骨の内側上顆,外側頭は外側上顆から起り,前者は外下方,後者は内下方へ下り,ヒラメ筋とともにアキレス腱を形成し,踵骨につく。作用は足を足底側に曲げ,または踵を上げ,膝関節を曲げる。この関節を曲げる作用は補助的であって,逆に膝を伸ばした状態のほうが,この筋肉による作用が十分行われるという。主として白筋線維から成り,脛骨神経の支配を受けている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ひふくきん【腓腹筋】

下腿部後面、ふくらはぎの表層にある屈筋。下端は平目ひらめ筋の下端と合わさりアキレス腱となる。こむら。腓腸筋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腓腹筋
ひふくきん

下腿(かたい)のふくらはぎをつくる下腿三頭筋のうち、浅層の筋をいい、かつては腓腸筋とよんだ。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の腓腹筋の言及

【アキレス腱】より

…下腿三頭筋は,ふくらはぎの膨らみを作る筋で,したがってアキレス腱とともに,下腿の後面で皮膚の上からよく触れることができる。下腿三頭筋は,その名の示すとおり三つの筋から成り,最も表層にある腓腹筋には大腿骨下端の内外両側より起こる内側頭と外側頭があり,その深層に扁平で幅の広いひらめ筋がある。下腿三頭筋の作用は,アキレス腱を介してかかと(踵)を挙げ,また,つま先を下げる(足の屈曲)。…

【筋肉】より

…赤筋は反対に,細胞質のなかは筋原繊維に乏しく,収縮は緩慢であるが疲労しにくい。ヒトでは,姿勢の保持に関係する筋肉や下腿三頭筋のひらめ筋は赤筋の代表的なもので,また腓腹筋は白筋の代表的なものである。
[筋肉と再生]
 横紋筋にしても平滑筋にしても,原則として生後は分裂によってその数が増えることはない。…

※「腓腹筋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

腓腹筋の関連キーワード妊娠中の健康管理こむらがえり腓腹筋痙攣下腿三頭筋伏在静脈下腿筋平目筋腓返り下端走るあし下腿

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android