ふく料理(読み)ふくりょうり

百科事典マイペディアの解説

ふく料理【ふくりょうり】

日本のフグ水揚げ8割を誇る,山口県下関市の名産品。一般的には〈ふぐ〉であるが,下関ではこれを〈ふく〉と称している。ひれ酒や刺身,鍋などで味わえ,中でもとらふぐが極上とされている。内臓や皮に毒をもつ種類もあり,あたれば死ぬことから鉄砲になぞらえて,ふぐのちり鍋を鉄砲のちり鍋,すなわち〈てっちり〉ともいう。なお,ふぐの水揚げは彦島にある南風泊(はえどまり)市場が専門に扱い,袋に手を入れて値段交渉を行う独特の袋せりが行われる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android