コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちり鍋 ちりなべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ちり鍋
ちりなべ

鍋料理の一種。魚介類,豆腐,野菜類を1つので湯煮し,調味酢 (レモンのしぼり汁または酢に醤油,酒,薬味を加えたもの) をつけて食する。魚介類は白身のものが普通で,たい,たら,ふぐ,ほうぼう,かきなどを用いるのが一般的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちりなべ【ちり鍋】

魚貝,豆腐,野菜などを水煮にして,ポンスしょうゆで食べるなべ料理。魚貝ではタイ,タラフグオコゼ,ホウボウ,コチ,カワハギ,カキなどが用いられ,野菜やキノコではハクサイ,ホウレンソウ,シュンギクダイコンミツバ,シイタケ,エノキタケなどが適する。魚は骨付きのままぶつ切りにし,フグを除いては卵巣や肝臓も用いる。野菜は,ミツバ,シュンギク以外はあらかじめゆでておくことが多い。薬味にはもみじおろしアサツキの小口切りなどを添える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちりなべ【ちり鍋】

たらちりなどの料理。また、それを作るための鍋。 → ちり

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ちり鍋
ちりなべ

鍋料理の一種。大阪で多くみられ、味もよく酒客の好む料理。深鍋にだし昆布を敷き、水を6~7分目に加えて煮立て、昆布を引き上げる。これに塩一つまみを加え、シラウオ、カキはそのまま、タイ、スズキ、コチ、タラ、アイナメ、ホウボウ、カワハギなどの魚は下ごしらえをしてさっと塩をふるか、薄い塩水をくぐらせてから用いる。魚によっては、あら、白子(しらこ)、肝(きも)なども用いる。ふぐちりはフグだけを単独に用いる。野菜はダイコン、ミツバ、シュンギク、シイタケなどが適する。豆腐はそぎ切りにして加え、ダイコンは半月またはいちょうの薄切りにする。酢、しょうゆ、酒を三つ割りにした調味酢をつけて食べる。青みにはワケギなどがよい。煮えにくいものから先に鍋に入れ、煮ながら供する。魚の身を鍋で煮ると身がちりちりと縮むところから、「ちり」の名がついた。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ちり鍋の関連キーワードヨロイイタチウオ長崎とらふぐ多田鉄之助キンメダイダイダイちり蒸し河豚ちりニシン魚料理イワシ鱈ちり鯛ちり豚ちりマダラポンズタカナかやくカサゴ鉄ちりブダイ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android