コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彦島 ひこしま

9件 の用語解説(彦島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

彦島
ひこしま

山口県南西端,関門海峡に面する地域。下関市に属する。かつては大瀬戸と小瀬戸の間の島であったが小瀬戸が埋立てられ,現在は人工の陸繋島。南北約 8km,東西約 4km,面積 11.09km2

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひこ‐しま【彦島】

山口県南西部、下関市南端にある島。面積9.8平方キロメートル。100メートル前後の丘からなり、市街地とは関彦(かんげん)橋・彦島大橋などで結ばれている。市の工業生産の中心地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

彦島【ひこしま】

山口県下関市,関門海峡西端にある島。面積10.58km2。古くは《日本書紀》に引島とあり,多くの歌に詠まれる。江戸時代末には砲台が築造されている。本州側と県道関彦橋,彦島道路で結ばれ,その東側は下関港の一部,西側は漁港。
→関連項目関門海峡下関[市]ふく料理

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

彦島

山口県下関市、同県南西端に位置する島。関門海峡に面し、北東部はごく狭い水道(小瀬戸)を挟んで下関市街と向かい合う。古くからの海峡交通の要衝。下関戦争(馬関戦争)の際には長州藩により砲台が設置された。

彦島

大分県佐伯市、佐伯湾に浮かぶ無人島

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひこしま【彦島】

山口県下関市の南西端,関門海峡の西口を扼する島。面積9.82km2,産業・交通上の要地を占め,本土と連続した市街地を形成する。《日本書紀》仲哀紀に〈引島〉とみえ,和歌,紀行などに〈ひくしま〉と記される。源平合戦には平家方の根拠地となった。伊予河野氏の一族,また平家の末裔によって開発されたという伝承がある。幕末には攘夷戦に備えて各所に砲台が築かれた。明治以降,北九州工業化の影響で工業の島として発展,関門海峡の小瀬戸を締め切った埋立地との間に建設された下関漁港に沿って,鉄工,造船,水産加工の諸工場が集まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕彦島(ひこしま)


山口県下関(しものせき)市南西部にある島。狭義の関門(かんもん)海峡西口をなす。面積9.8km2。下関市の市街地とは小瀬戸(こせと)の埋め立てと締め切り工事により陸繋(りくけい)している。造船・化学・金属などの工業が発展、同市の工業中心地をなす。北部は下関漁港。北西端の南風泊(はえどまり)市場はフグの水揚げで名高い。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

彦島
ひこしま

山口県南西端、下関(しものせき)市にある島。旧彦島町。関門海峡の西口に位置し、本州側には小瀬戸、北九州側には大瀬戸の海峡が通じ、交通上の要地を占める。高度100メートル前後の丘陵状の島で、面積10.60平方キロメートル。下関市街地とは関彦(かんげん)橋、彦島大橋などで結ばれている。また、JR山陽本線も本島を通過、関門鉄道トンネルで門司(もじ)に至る。『日本書紀』に「引島(ひくしま)」とみえ、平安末期には源平合戦の舞台となった。明治以降、化学、金属、造船などの諸工業が発達し、さらに下関漁港周辺に水産関連産業が立地し、下関工業の核心地区を形成している。早くから近郊農業が盛んで、第二次世界大戦前知られた温室メロンは現在では花卉(かき)栽培にかわった。南風泊(はえどまり)漁港には下関を代表する味覚フグの市場がある。サイ上り神事で有名な彦島八幡宮(はちまんぐう)の境内には縄文時代前期・中期の宮ノ原遺跡があり、老(おい)ノ山(やま)公園は関門港外、響灘(ひびきなだ)の展望に優れる。人口3万3100(2000)。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

彦島の関連キーワード山口県下関市綾羅木山口県下関市有冨山口県下関市あるかぽーと山口県下関市小野山口県下関市壇之浦町山口県下関市延行山口県下関市豊前田町山口県下関市みもすそ川町山口県下関市椋野山口県下関市吉田

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

彦島の関連情報