コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下関 シモノセキ

3件 の用語解説(下関の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しものせき【下関】

《上関(かみのせき)(山口県熊毛郡上関町)・中関(なかのせき)(防府(ほうふ)市)に対する称》山口県南西端の市。古くは赤間関(赤馬関)(あかまがせき)・馬関(ばかん)ともよばれた。壇ノ浦などの史跡がある。遠洋漁業の基地。関門トンネル関門橋門司(もじ)結ばれる。平成17年(2005)2月に豊浦郡4町と合併。人口28.1万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しものせき【下関】

山口県南西端にある市。関門海峡に臨み、古くから陸海交通の要地として発展。現在、関門トンネル・関門橋で北九州市と連絡。商工業が盛ん。壇浦・赤間神宮などの史跡・名所がある。港はフグ・ウニを水揚げし、また遠洋漁業の根拠地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下関
かかん / シヤコワン

中国南西部、雲南(うんなん/ユンナン)省西部の旧市。1983年大理(だいり/ターリー)県と合併して大理市となった。(じかい/アルハイ)から流出する西河の河口にあり、唐代に南詔(なんしょう)の首都大理の南門として重視された。北門は上関である。海航路の拠点であるとともに、(てんめん)道路(雲南―ミャンマー)、(てんぞう)道路(雲南―チベット)の両道路の分岐点に位置するため、交通の要地となっている。市内には紡織、製油、製紙、自動車組立てなどの工場がある。古くから茶の集散地として知られ、当市で製造される茶は沱茶(だちゃ)と称し、国内・国外に出荷される。西河にかかる天生橋、将軍洞、海公園などの観光名所がある。[青木千枝子・河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下関の関連キーワード草場大麓祝島熊毛半島熊毛郡上関[町]上関原発建設計画上関原子力発電所計画上関原子力発電所草場允文竈戸関

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下関の関連情報