コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぶつかり稽古 ぶつかりげいこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ぶつかり稽古
ぶつかりげいこ

相撲用語。相撲の基本的な練習の方法。押し手と受け手の練習がねらいで,攻手 (せめて) と稽古台とを決めて行なう。出足を整えて押しを確実に体得し,腰を強くする効果がある「立ち合いの形」「受け身の形」「運び足の形」に分類して練習する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶつかり‐げいこ【ぶつかり稽古】

相撲の稽古(けいこ)の一。二手に分かれ、受け方は守りを、ぶつかり方は押しと受け身の稽古をする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ぶつかり稽古の関連キーワードバニラハンバーグ掛り稽古初っ切り相撲

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぶつかり稽古の関連情報